楽しく走り続けるためのランニングコミュニティサイト『RNDE』

ニャンデが招き入れる走りの最新トレンディー

今日の走るマネキネコ

【第2回】明日を導け!5000mタイムトライアル

【第2回】明日を導け!5000mタイムトライアルカテゴリアイコン

2017. 5. 16

第2回目の練習会では5000mを全力で走るタイムトライアルを行いました。
しかしこの日は生憎の雨。悪天候・・・、そんなことを思った方もいるかもしれませんが全くそんなことはありません。日差しが出て気温が上がれば、記録的にはマイナスになるからです。雨は気温を下下げてくれて呼吸もしやすくなりますから大きなプラス要因何ですね。この時期としては、ベストを尽くして走ることのできるチャンスの日!
いざスタートです!

 

 

 

 

 

なぜ全力で走るのか?


 

個人個人における今現在の実力を明確にするためです。
5000mをどのくらいのタイムで走れるか正確に理解しておくこと、これはとても大事なことなんです。なぜなら、そこからフルマラソンやハーフマラソン、または10kmをどのくらいのタイムで走れるかをある程度推測することができるからです。

 

 

今回行った5000mのタイムトライアルは、下記4点を導き出すことが目的でした。

・今の自分にどのくらいの実力があるのか?
・フルマラソン、ハーフマラソン、10kmでどのくらいの記録を狙えるのか?
・自分の目標が実現可能なのか?そうでないのか?
・これからどのくらいのペースや速さで練習をしていけばよいのか?

 

 

 

 

これらの結果を元に、アミノバリュートラッククラブでは今後の練習会におけるみなさんの実力にあったグループ分けをし、実力にあった設定タイムなどを設けていきます。ですからこのタイムトライアルは今後の練習の方向性が決まるといっても過言ではありません。

 

 

激走プレイバック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好記録続出


 

精一杯走った5000m。全体的に記録がとてもよかったです。自己新を更新された方も多数、目標近くで走れた方も大勢いましたね。最後の最後まで走り抜いていただき、本当にありがとうございました!

 

 

これにより、現時点で個々が達成可能な記録(10km、ハーフマラソン、フルマラソン)を導き出すことができました。

 

 

 

 

結果を見ての印象としては、入会時にいただいたフルマラソン目標タイムを達成できそうな方ばかり。また、そうでなくてもフル自己ベストくらいの実力が今でも維持できているといった方が多かったです。

 

 

 

 

もし今回納得いく走りができなかったとしても、決して焦ることなかれ。

 

 

 

 

あくまでも今現在、自分はどのくらいのチカラがあるのかを知るための5000mタイムトライアルでしたから、これから冬までに時間をかけて今より走れる身体を作っていけばいいわけです。

 

 

 

 

焦って今の自分のチカラを無視し、理想だけを追い求めていくと現実と理想のギャップに苦しみ、怪我を招いたり疲労を溜め込むことになり兼ねません。

 

 

 

 

今の自分を素直に受け入れて、時間をかけて、段階的にものごとを進めていけば、自ずと理想の自分に近づいてくるはずです。

 

 

 

 

逆によかった方は、今後の練習次第ではもっと上のタイムが出せる可能性があります。

しかし導き出されたフルマラソンのタイムがよかったからといって、いきなり結果が出せるかといったらそういうわけではありません。

 

 

 

 

フルマラソンなどの長い距離で結果を出すためには、やはり長い距離を走る練習が絶対的に必要です。本命のレース前になったらフルマラソンに耐えうるだけの練習をしていかなければなりません。

それでも、そのくらいを目指せるだけの能力は今の段階であるといった指標となります。

 

 

 

 

ですから今後の練習において、導き出された10kmやハーフ、フルマラソンの達成可能なタイムを意識して行っていけば、それに伴ったチカラがついてくるでしょう。

 

 

 

 

フルマラソンへ向けて長い距離練習への移行時期、練習内容等については、今後お伝えしていきたいと思っています。

 

 

 

 

これからどんどん暑くなってきますから、長い距離を踏むことが困難になってきまから、だからこそ、短い距離を走る練習をして筋力や心肺機能を維持し、ある程度の身体レベルを保つことが大事です。

それをアミノバリュートラッククラブで可能にしていきましょう。

 

 

 

お互いに声を出し合い支え合う


 

今回は走るランナーと400m毎にタイム伝えるサポーターの2人1組になって、お互いにタイムを計測してもらう取り組みを実施しました。

 

 

走っているチームメイトのためにタイムを伝えるといったことが初めてだた方も多かったと思います。ある意味、緊張感がありました。

 

 

 

 

タイムを読み上げる方は、ぜか応援に似た伝え方になっていたり、走る側はそれらをチカラに変えて頑張る意欲に繋がっていたようです。

 

 

 

 

走り終わってお互いにタイムのチャックをし合うことで、何かしらの一体感が生まれます。一人で走っているようで一人ではない。

 

 

 

 

自分に挑戦したもの同士、通じることはたくさんかるからなのでしょう。

 

 

 

 

個人的な勝ち負けではありません。

誰かと比べて記録が悪いとか悪くないとかそういったことは何の問題でもありません。

 

 

 

 

今日少しでも「何かを達成した」と思えたなら明日へのチカラとなるでしょう。

もし「何かを達成できなかった」としても、やれる限りのことはやったという満足感なり、次につながるポジティブな手応えや何かしらの大きな発見のようなものがあれば、それは一つの達成です。

 

 

 

 

今日はどのみなさんも達成感が漲っていました。

この達成感と明日へつなげるチカラこそ、アミノバリュートラッククラブが目指すところでもあります。

 

1歩1歩、わずかでも昨日の自分を乗り越えていけるよう一緒に頑張っていきましょうね。

 

次回の練習会は5月27日(土)、10:00〜大和市にあります「大和なでしこスタジアム」を予定しております。

 

 

 

◆アミノバリュートラッククラブ入会はこちらから

 

◆アミノバリューブランドサイトにて「久保のランニングスクール」配信中。

facebook share button

RNDEチャンネル

スポンサーロゴ