6.アートと音楽

6.アートと音楽カテゴリアイコン

2015. 6. 12

第6の扉は「アートと音楽」です。

 

ランナーは芸術家だと思います。
自分の体と対話を繰り返し、精神的な葛藤と戦いながら走り続けています。そんな行為を経て、磨かれ出来上がっていく肉体と言う名の芸術作品。アーティストとランナーは、表現方法がキャンバスであるか、自分の肉体であるかの違いだけです。ランナーにおいての展覧会、もしくは作品を発表する場はレースとなります。そんなランナーだからこそ、アートに共感することはたくさんあるのではないでしょうか。

 

私☆kuboは、これまで走りで得た感覚を絵という形で表現してきました。下の絵は私が長いスランプから抜け出すきっかけとなった作品です。タイトルは「シンクロニシティー」。

この絵から、みなさんはどんなことをお感じになりますか?

 

 

synchronicity

 

また、音楽も走りにはとっても大きな関わり合いを持っています。

例えば走るリズム。効率よく走るためにはリズムがとっても大事です。走っている間、リズム(ピッチ)を一定に保つことで、楽に走れるようになったとか後半ペースを落とさずに走れたなんてことが起こるかもしれません。
 

 

この曲。
私☆kuboが現役のとき走りながらよく聞いていた曲です。
聞いていると脚が自然に前に出てとっても走りやすいんです!
気持ちものってきて、どこまでも走っていけるかのよう。走るときに聞くには “最高の1曲” と昔から思い続けてきました。
 

なぜこの曲を聞くと走りやすかったのでしょうか?
 

上手く音楽と融合させ、より楽しく、より効率的に走ることができる情報をここではお伝えしていきます。

 

アートと音楽アイコン
看板ネコ名前募集

戻る