[ベッキー的上海ランニングレポート Vol.2]上海マラソン参戦!

[ベッキー的上海ランニングレポート Vol.2]上海マラソン参戦!カテゴリアイコン

2015. 11. 13

こんにちは!RNDE編集部石田です。先週末の8日(日)に開催された上海マラソンに、ジョグスパのコーチ(只今海外在住のためお休み中)で通称ベッキーこと清水佳世が出場。そのレポートを送ってくれました。その模様を早速お伝えしたいと思います。

 

 

profile_becky

 

 

 

RNDE上海支部キュレーター・ベッキーです。今日は、先週末に開催された上海マラソンのレポートをしたいと思いまーす!

 

 

私自身、初めて海外マラソン参戦。前日からワクワクです。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 25 57

 

 

前日受付は申し込み確認書、健康診断所、パスポートコピーを提出し、ゼッケンをもらいます。

 

 

 

EXPOでは、測定チップ確認(機械にかざす)Tシャツ受け取り。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 26 48

 

 

 

 

数々の協賛が出店しています。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 27 28

 

ファイル 2015-11-12 18 27 38

 

ファイル 2015-11-12 18 27 48

 

ファイル 2015-11-12 18 28 02

 

ファイル 2015-11-12 18 28 16

 

ファイル 2015-11-12 18 28 47

 

ファイル 2015-11-12 18 28 59

 

(石田コメント)
東京マラソンと比べて、EXPOはどんな感じなのかを質問したところ、会場がビッグサイトより大きいのでとても広々としていて、混雑感は無いとのこと。また、出店数は東京と同じくらいに感じたとのことでした。

 

 

 

 

当日荷物を預けられるのですが、そのための専用バックが配布されます。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 27 03

 

 

 

 

そして、当日はその指定バックに指定シールを貼り、荷物を預けます。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 29 16

 

 

(石田コメント)
この荷物預け用指定バックはそのまま持ち帰ってもOKで貰えるそう。荷物の受け渡しサービス(仕組み)はとてもスムーズで、これまでの日本のどの大会よりもストレスがなかったみたいです。

 

 

 

 

荷物預けからスタート位置までは迷う事なくスムーズ。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 29 54

 

 

 

 

コースは、外難川沿いからスタートし、上海の街中をぐるぐる廻るアップダウンがない、比較的平坦なコース。

 

 

internationalmap

 

 

上海を走りながら観光できるとっても楽しいコースです。

 

 

 

 

スタート付近は上海のシンボルタワーがズラリと見渡せます。東方明珠塔、金茂大厦、上海ワールドフィナンシャルセンター。日本でも良くニュースなどで映るので見たことあると思います。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 31 13

 

 

 

 

南京東路のショッピングモール、人民広場、南京西路(銀座の街並み)。

 

matchPhoto6

出典:2015上海国際マラソン公式サイト

 

 

 

 

静安寺(金閣寺より金キラ🌟)、龍華寺(6重の塔)、名所、街中、町外れが含んでるコースなので走りながらどんな街なのか知る事ができます。

 

 

matchPhoto19

出典:2015上海国際マラソン公式サイト

 

 

 

 

ランナーは9割方、参加賞の黄色いティシャツの格好。

 

 

matchPhoto12

出典:2015上海国際マラソン公式サイト

 

 

 

 

大きな旗を振りながら走る人、裸足で走る人が何人もいました。

 

 

matchPhoto9

出典:2015上海国際マラソン公式サイト

 

 

すれ違うたびにお互いの健闘を祈るように、加油(チャーヨ)!加油(チャーヨ)!(日本語でガンバレ!の意)と声をかけあっていて、記録より走ること自体を楽しんでいる人が多かったです。

 

 

(石田コメント)
日本人はどの程度参加しているのかを聞いたところ、感覚値では全体の1割くらい居たのではとのこと。個人的には結構な割合に思ったのですが、現地で参加しているベッキーにとっては、やはり圧倒的に中国人が多くて、圧倒されたようです。

 

 

エイドは2.5kごとにあり、お水とスポーツドリンクが設置されていて食べ物はなかったです。

 

 

そしていよいよゴール!

 

 

matchPhoto22

出典:2015上海国際マラソン公式サイト

 

 

 

 

でも、ゴールは(意外と)あっさりしていて着ぐるみがお出迎え。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 30 21

 

ファイル 2015-11-12 18 30 37

 

 

 

 

流れに沿ってチップ返却、メダル、参加賞をもらい、荷物引取り。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 30 49

 

 

 

 

参加賞はバナナ容器とバナナ、ドリンク、シリアルバー、白胡麻。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 31 02

 

 

雰囲気はお祭りという感じでした!沿道は民族衣装を着て踊ったり太鼓を鳴らしたりチアダンス、鼓笛隊、サックス隊、年齢層は高かったです。

 

 

 

 

スタート前1人で写真を撮っていたら黄緑シャツのおじさんがジェスチャーで写真を撮ろうか?と声をかけてくれました。よ〜くみると日本人。彼は1人参加のマラソン3回目のランナーさんでした。続いて東京マラソンのピンクシャツを着た女性は日本語が喋れる中国人。ワールドメジャー達成者。

 

 

ファイル 2015-11-12 18 31 59

 

 

他の仲間の方とも交流し、マラソンは世界のともだち、今日から貴方と私たちはともだちだ!と。素敵な交流もありました。

 

 

1泊2日で走れる海外マラソンは手頃にこれるので雰囲気味わうには最適な大会だと思います。

 

 

 

 

余談ですが、実はこのレース、賞金が懸かったレースなんです。下の写真は順位表。上からケニア、エチオピア、エチオピア、南アフリカ、トルコ、中国、中国、フランスです。そして、9位が日本のワタシ。折り返しで目を凝らしながら自分の順位を確認したのですが、レース中は男女の見極めが難しく、もしかして奇跡が起きたかも~!!4位!!3位!!!と浮かれに浮かれ💸💸💸。結果出る翌朝まで自称3位!3位の賞金額はなんと$12,000!(日本円換算で約150万円!)。$12,000がもらえるかもしれないとニヤニヤしてました(笑)一夜限りの夢で終わりましたけどね、、、

 

ファイル 2015-11-12 18 31 42

 

 

 

賞金150万円は逃したけど、写真撮ったり、周りのランナーと交流したりしながら走っても9位ってのは、さすがベッキー!マジ走りしたら来年は賞金獲得も夢ではない?!でも、今年は人との交流というお金にかえ難い経験を獲得できたみたいで良かったなぁと。
羽田と上海のフライト時間は3時間15分で、ベッキーが言うとおり、1泊2日でも訪れることが可能な距離です。来年は参加したいと思わせてくれるレポートでした。
ベッキー、ありがとう!また、上海で走っていて新たな発見があったら、是非そのレポートを待ってます!

 

 

 

 

logo

上海国際マラソン

中国きっての国際都市・上海を舞台に行われる国際マラソン。年々規模を拡大し、2014年は世界各国から約20,000 人ものランナーが集まった。南京路歩行街世紀広場から南京西路、延安西路などを経て閔行体育館まで走るコース。仮装など思い思いの趣向で楽しめる距離の短いメニューもある。

戻る