スプリントで駆け抜けた!最大出力5K(ファイブケー)

スプリントで駆け抜けた!最大出力5K(ファイブケー)カテゴリアイコン

2015. 12. 29

短い距離のタイムトライアルレース「ランニングスプリント5k(ファイブケー)」を先日開催しました。

 

このレースにおける目的は2つ。

 

①ランニングエコノミーの改善

 

②5kmの限界値を知ることでフルマラソンの目標タイムを明確にしていく

 

 

IMG_8747

 

 


 

①ランニングエコノミーの改善

 


 

ランニングエコノミーとは「走りの経済性」のこと。これは一定のペースで走るための酸素の消費量です。車で例えるなら燃費。少ない酸素の消費量でより速く走れれば、長距離走の記録はよくなります。

 

 

IMG_8764

 

ランニングエコノミーを改善するには速いスピードで走るトレーニングをすることです。中速のランニングで獲得された筋力は、それより速いランニングには適応しません。なぜなら、中速で筋肉を動かすための神経は、やはり高速で筋肉を動かすこと=速いランニングに適応していないからです。

 

 

IMG_8936-(1)

 

この状態だと、より大きな力を出すにはより多くの筋細胞を動員するしかなく、酸素を多く消費してしまいます。しかし、神経が速い動きに適応すると、それより遅い動きには簡単に対応でき、酸素の消費量が減るのです。

 

 

IMG_8959

 

このことが、長距離を走るマラソン選手であっても、最高スピードを高めなければならない理由なのです。
マラソン選手はレースペース以下で長い距離を走る練習が多いのですが、この練習だけだと神経の機能が遅いランニングの動作に固定されてしまい、ランニングエコノミーが向上しません。
(一部「俺のランニング生活」さんのブログ抜粋)

 

 

IMG_8975

 

そういったわけで、「ランニングスプリント5k(ファイブケー)」では、42.195kmを少しでも速く走るために、速いピッチ、長いストライドといったスキルを5kmのレースで磨くことを狙いとしました。

 

 

 

IMG_8783

 

 


 

②5kmの限界値を知ることでフルマラソンの目標タイムを明確にする

 


 

実は5kmをどのくらいのタイムで走れるかを正確に知っておくことは、10km、ハーフマラソン、フルマラソンをどのくらいのタイムで走れるかをある程度推測することができるんです。

それが明確になると、練習において目標達成のための効率が良く、かつ適正なペース設定が可能となります。

 

 

IMG_9034

 

短い距離を走る上でよくある傾向が、最初から力をセーブして走ってしまうというのがあります。これでは自分がどの時点で限界がきたのかを知ることができず、普段の練習においても問題点を改善するようなことができなくなります。

 

 

IMG_8964

 

短い距離だからこそ果敢にチャレンジして少しでも記録を縮めて欲しいし、記録を出した喜びを感じて欲しいという願いもこのスプリント5kには込められています。

 

 

今回最後まで諦めることなく精一杯走られていたみなさん。

 

2

 

2

 

1

 

1

 

IMG_9310

 

IMG_9353

 

IMG_9346

 

IMG_9359

 

IMG_9601

 

IMG_9590

 

IMG_9631

 

久保も1組目で精一杯走ってきましたよ!

 

■リザルト

1組(サブ3以内かが目標)

1   14:54
2   14:57
3   14:58 (久保)
4   15:14
5   15:16
6   15:19
7   15:21
8   15:35
9   15:44
10  15:50
11  16:03
12  16:14
13  17:22
14  17:37
15  17:56
16  18:08
17  18:50
18  18:56

 

2組(サブ3.5以内が目標)

1   17:49
2   19:03
3   19:17
4   19:25
5   19:26
6   19:41
7    19:43
8   19:44
9   19:48
10  19:49
11  19:54
12  19:55
13  19:56
14  20:04
15  20:11
16  20:14
17  20:27
18  20:34
19  20:36
20  20:37
21  20:44
22  20:51
23  21:00
24  21:36
25  21:51
26  21:56
27  21:59
28  23:10

 

3組(サブ4以内が目標)

1   20:32
2   21:41
3   21:58
4   22:23
5   22:54
6   22:59
7   23:02
8   23:34
9   23:37
10 23:43
11  23:52
12  24:14
13  24:47
14  24:48
15  24:49
16  25:00
17  26:53

 

今回も小学生の1.5kmもあり、緊張しながらも元気いっぱいに新横浜公園を駆け抜けていました!

 

IMG_9374

 

IMG_9382

 

IMG_9383

 

IMG_9422

 

これからも短い距離の重要性を伝えつつ、これらをマラソンにしっかり繋げていく指導を元に、スプリント5kの開催を定期的に行っていきたいと思います。

5kmでマラソンにつながる走りをどんどん磨いていきましょうね。これからも集え!5kmに果敢に挑むランナーたち!!

 

 

戻る