『ROAD TO TOKYO』今週の槇田さん〜いぶすき菜の花マラソン挑戦〜

『ROAD TO TOKYO』今週の槇田さん〜いぶすき菜の花マラソン挑戦〜カテゴリアイコン

2016. 1. 22

phjfile.dll

 

2016年1月10日、マラソン当日を迎えました。

約1年ぶりとなる槇田さんのフルマラソン挑戦が始まります。

 

 

 

IMG_9706

 

体の調子が思わしくない中、不安な要素が多かった今回。しかし、これまで一緒に頑張ってきた仲間たちが一緒にいてくれるので、次につなげるために何とか完走をして欲しいという思いがありました。なぜならこの「いぶすき菜の花マラソン」のコースは、アップダウンのキツイ超難コースだからです。

 

 

ibusuki_convert_20120104235317

 

 

そして午前9:00・・・。

いぶすき菜の花マラソンの号砲が鳴り響き、それぞれの思いを抱いたランナーたちが勢いよく指宿の街へと駆け出して行きました。

 

 

 

12508810_643464782460268_3061218653762554847_n

 

槇田さんは一緒に練習を積み重ねてきた氏家さんと一緒に励まし合いながら頑張ったそうです。

 

 

 

IMG_98395

 

ラスト1km地点。槇田さんの姿が見えた時はホッとしました。この時はどんな思いを抱かれていたんでしょう・・・

 

 

 

12400756_643464819126931_5643683276226134215_n

 

そして見事難コースを克服してのゴールです!

 

 

 

12546070_887822118002549_1141532340_o

 

結果は

グロスタイムで4時間40分21秒。

ネットタイムでは、4時間37分37秒。中間ラップは2時間20分27秒、ほぼイーブンでタイムを刻まれました。

そしてご自分の持つ記録を大幅に更新しての自己ベスト達成だったのです。

 

 

 

久保的感想
貧血状態の中、よくここまで走ってくださったと思っています。今まで貧血で練習という練習ができずとっても心配していたのでゴールされたときは嬉しかったです。しかもこの起伏あるコースでここまで走れたことは。。。貧血も少しずつ改善してきているのではと思っています。走りきれたという嬉しさが今後の自信になっていくでしょう。

 

 


 

貧血が徐々に

 


 

レースが終わって数日後。槇田さんからこんなご報告をいただきました。

 

槇田さん

血液検査の結果を聞いてきました。ヘモグロビン12.8まで回復しました〜‼︎ただフェリチン(貯蔵鉄)がまだ少ないので、あと1カ月は鉄剤を飲み続けることになりました。お医者様は「ここまで来れば問題はないけれど、もう少しフェリチンがあるともっといいかなぁ…」と仰っていました。一先ず、再度スタートラインに立った〜というところでしょうか。新たな気持ちで頑張ります。

 

 

久保

ヘモグロビンがかなり改善されましたね。この期間でここまで回復するってすごいことですよ。 この前のジョグスパでも走りがよくなっていたので、だいぶ血液が回復してきたんじゃないかと思っていました。 あとフェリチンですね。数値はどのくらいかわかりますか とにかく今が大事なので、脚を冷やさない、食事を意識するなどは徹底していきましょう。

ここからがある意味スタートですね。 まずはこの週で疲労を取り、次のジョグスパでは疲れ度合いをみながら徐々に調子を戻していきましょう。 そして日産スタジアム駅伝、神奈川マラソンに向けてのプランを立てていきましょうね。

 

ちなみにこれが私が現役のときのヘモグロビン値です。記録にどう影響しているのかがわかります。貧血にはこの他、槇田さんのおっしゃったフェリチン、血清鉄の値と見比べて判断しなければなりません。

 

12512009_979697112125055_1971296234_n

 

私は現役時代より定期的に血液検査を行い自分の状態を把握することに努めてきました。スポーツ貧血になってしまったら、トレーニングしてもすぐに息が上がるためパフォーマンスの高い練習をすることができません。体が酸素を運べないため、疲労も抜けづらく、レースでも粘りが効かず散々な結果となってしまいます。私はスポーツ貧血にとても苦しみましたが、改善しようといろいろなことを試してきました。おかげで克服することができ、11年間の現役生活を送ることができたのもその後スポーツ貧血にならなかったからだと思っています。

 

 


 

貧血改善のために

 


 

久保

鉄分を含んだ食品を意識して摂ることと、吸収を補ってくれるビタミンCも一緒に摂ることです。

また、タンパク質も摂りたいですね。豆腐などは高タンパク低カロリーでいいかもしれません。

食事だけでなく、体を冷やさないことにも気をつけたいところです。食事を吸収するのは内臓です。冷えた内臓は食物の吸収を妨げますから、普段の生活から工夫が大事です。特に足は温めてください。

トレーニングをするときも、ウォーミングアップ、クーリングダウンではタイツ1枚ではなくブレーカーパンツなどを履くようにするだけでも効果は違います。家に帰ったら時間がないかもしれませんがシャワーだけで済ますより、湯船につかって温めるといったこともオススメです。このちょっとした意識を積み重ねることで自分の体って変わるんですよ。

 

 

槇田さん

こんなにも貧血で走りが左右されるんですね?!目から鱗です!!私はまだまだ改善の余地ありありなんです?!

食事と冷えにも更に気を付けるようにしてみます。

もちろん東京は1つの大きな目標レースですけど、きっとその先もランニングは続けて行くでしょうから、今後の為にも今身体を調えてしまいたいです。改善したら走れるようになる自分を楽しみにしつつ...。

 

久保的感想
貧血を抱えながらいぶすき菜の花マラソンを乗り切った槇田さん。まだ本調子とまではいきませんが、引き続き貧血の改善とマラソンの疲れを取りながら、トレーニングを再開していこうと思います。正直、今の時点ではサブ4に挑戦してもらうのが良いのか、それとも今後も走ることは続くので将来を見据えてトレーニングしていくのが良いのか、まだなんとも言えない状態です。ここの判断を誤らないように、来週の状態や調子をしっかり見極めて軌道修正していきたいと思っています。結果より、プロセスを大事にして今後につなげることが一番だと思っています。

 

戻る