【始動開始!】アミノバリュートラッククラブ 2016

【始動開始!】アミノバリュートラッククラブ 2016カテゴリアイコン

2016. 5. 25

IMG_2809

 

 

ついに400mトラックの練習に特化した「アミノバリュートラッククラブ 2016」が始まりました!

 

 

AVTC

 

 

略して「アミトラ」。

 

 

img06

 

 

このクラブはあくまでもフルマラソンにおける能力を伸ばしていくためのクラブです。

 

 

個人がマラソンで定めた目標を達成するために、5000mを走る能力を400mトラックで強化していきます。

 

 

IMG_2823

 

 

自分が5000mをどのくらいのタイムで走れるのかを正確に理解しておくことは、フルマラソンやハーフマラソンをどのくらいのタイムで走れるのかをある程度推測することができるからです。

 

 

IMG_2833

 

 

これらを常に意識することで自分が立てたマラソンの目標に対し、

 

それが達成可能なのか?

 

それともまだまだ力不足なのか?

 

を予測できるんですね。

 

 

IMG_2837

 

 

よって今後の練習の仕方、アプローチの仕方がより明確になっていきます。

 

 

IMG_2839

 

 

第1回目の練習会ではみなさんの実力(現段階)を把握するために、レース形式の5000mタイムトライアルを行いました。

 

 

IMG_2842

 

 

一番速く走られた方は16分22秒。

 

その他、多くの皆さんが最初に掲げた最低ラインの目標記録以上で走られていたようです。

 

 

IMG_2845

 

 

また今期立てた目標タイムを今の時点で上回る力がある方もいたようですね。

 

おかげでみなさんの現時点における10km、ハーフマラソン、フルマラソンをどのくらいで走る力があるのかを推測することができました。
 
 

IMG_2852

 

 

もっと速く走りたい、記録を狙いたいというのでればさらなるチャレンジあるのみです!

 

 

IMG_2848

 

 

逆に今回あまり走れなかった方、今は走れていなくてもいーんです!

 

ノープロブレム!!

 

 

IMG_2862

 

 

半年後に目標タイムを達成できるように、これから理にかなったトレーニングを積んでいけばいいのですから。

 

 

IMG_2865

 

 

自分の力を予測しながら体を作っていき、目標が高すぎたり低すぎたりしたらその都度軌道修正しながらトレーニングを積んでいきましょう。

 

 

IMG_2866

 

 

そのためにもまずは今自分の力がどのくらいあって、目標タイムに対してどのくらいの練習を行っていけばよいのかを把握することが大事です。

 

 

IMG_2869

 

 

怪我をしないように、気持ちのモチベーションを落とさないようにトレーニングし、自分の実力をさらに伸ばす上で大事なのは次の3つ。。

 

 

IMG_2871

 

 

環境、

 

 

IMG_2872

 

 

指導者、

 

 

IMG_2875

 

 

ライバルです!

 

 

IMG_2876

 

 

この言葉は、私久保が高校のときの恩師より言われ続けてきた言葉です。

 

 

IMG_2880

 

 

トラックという環境を活かし、

 

 

IMG_2881

 

 

よい指導者の元で、

(みなさんの期待に応えられるよう精一杯頑張ります!:久保)

 

 

IMG_2885

 

 

切磋琢磨できるライバル(仲間)たちと共に練習をしていく!

 

 

IMG_2887

 

 

同じような力を持った者同士が集まれば、本当に充実した練習ができるんです。

 

 

IMG_2889

 

 

臆することなかれ!

 

 

IMG_2890

 

 

今はまだ未到達の地でも、練習を積み重ねて心と体を磨き、

 

 

IMG_2899

 

 

自分自身の体に気づきや力がついてきたという実感を少しずつ得ながら、

 

 

IMG_2907

 

 

心の迷いが晴れたときに、その未開の地への道は開かれることでしょう。

 

 

IMG_2908

 

 

そしてさらに、怪我をしないためと速く走るための “コアトレーニング” にも力を入れていきます。

 

 

IMG_2925

 

 

普段はなかなかできないコア(体幹)トレーニングを練習後定期的に取り入れ、

 

 

IMG_2927

 

 

軸がブレないフォームづくり、

 

怪我をしない体づくり、

 

速く強く走るための基礎的な体づくりを目指していきます。

 

 

IMG_2928

 

 

実際行ってみてどうでしたか?

 

まさかこんなに体が硬いとは!

 

まさかこんなに筋力がないなんて・・・

 

そう感じた方も多かったのではないでしょうか。

 

 

IMG_2932

 

 

正確な形を体で覚えて、

 

 

IMG_2933

 

 

日々鍛錬し、

 

 

IMG_2934

 

 

走りに結びつけていく。

 

 

IMG_2938

 

 

走っているとき意識しなくても体幹がぶれなくなったとき、

 

それこそ心の迷いが晴れたとき。

 

 

IMG_2939

 

 

未開の地への道が開かれてきたと言ってもいいでしょう。

 

 

IMG_2941

 

 

トラッククラブは1ヶ月に1回〜2回しかありませんから、今回行ったコアトレーニングは日頃から繰り返し行ってくださいね。

 

 

IMG_2943

 

 

基本はドローインです。

 

何をするにもドローイン。

 

 

IMG_2944

 

半年後のみなさんがより高い境地へと到達できているよう精一杯お手伝いさせていただきたいと思っておりますので、一緒に頑張っていきましょう!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

アミノバリュートラッククラブ2016

代表 久保健二

 

 

◆アミノバリュートラッククラブ2016の申し込みはこちら

http://ameblo.jp/amikana2013/entry-12142590338.html

戻る