アミノバリュートラッククラブ2017始動開始!

アミノバリュートラッククラブ2017始動開始!カテゴリアイコン

2017. 4. 17

4月15日より待ちに待った「アミノバリュートラッククラブ2017」がスタートしました。
400mトラックの練習に特化したこのクラブ。レベルが高い、低いに関わらず、トラックの練習を通して今の自分の力(現状)を知り、そこから今の自分にあった練習を導き出すことが最大の目的です。
これから12月までの9月間でみなさまがどう変化されていくのか、楽しみです!

 

 

 

 

効率よく、負担なく、身体を大きく動かすための神経作り


トラック練習では走る距離が短いため、練習効果を上げるためにも少しばかり速いスピードで走ってもらいます。

 

 

それではスピード上げて走るにはどうしたら良いのか?ただ単に、一生懸命ガムシャラに走ればいいというわけではありません。そんなことをしていると大きな怪我を招いてしまいます。

 

 

 

おそらく「速く走る=ストライドを大きく伸ばして走る」というイメージがあると思いますが、ここをしっかり考える必要がありそうです。

 

 

 

ストライドはこれまで「一歩の歩幅」と言われてきましたが、ストライドを伸ばすためには、ただ足を遠くに伸ばすことではなく、一歩でどれだけ重心が移動したかを考える必要があり、「歩幅」ではなく「重心移動の距離」なんですね。

 

 

 

そのためには、姿勢や腕振り、脚の動作などの基本動作を身につけることが大切です。

 

 

 

アミトラ(アミノバリュートラッククラブの略)では基本動作を身につけるため、本練習の前に動きの神経から改善していくようなトレーニングを取り入れていきます。

 

 

 

その他、姿勢を保持したり身体をイメージ通りに動かすトレーニングも組み込みながら、それらをこの後の走りに落とし込んでいくことでスピードを出せる身体を少しずつ養っていければと思っています。

 

 

 

ときには遊びの要素も取り入れながら、夢中に楽しくをモットウに!

 

 

 

必ずこのドリルをやらなければならない、このドリルをやれば必ず結果が出る、というようなドリルはありません。

しかし、走りに必要なスピードの要素や自分自身に必要なスピードの要素を明確にし、正しいトレーニングを実践すれば必ず結果はついてくると信じています。

 

 

 

 

本練習スタート、[400m × 5]  2セット + 200m  × 5 + 1000m


 

400mを速いスピードで走り、200mをゆっくり呼吸を整わせて休憩するような感じで走りながら、再び400mを速いスピードで走ります。それを5回繰り返した後、休憩を挟み、もう一度400m × 5回を走ります。次に200mをさらに速いスピードで駆け抜け、100mという短い距離でゆっくり呼吸を整わせて休憩するような感じで走りながら、再び200mを速いスピードで駆け抜けます。最後に1000mを最初に走った400mのペースで走るといった距離とペースに変化をもたらした練習メニューです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げはコアトレーニングで


 
今年も埜口トレーナーが来てくださり、ブレない軸作りのため、怪我をしないためのコアトレーニングを練習後に行ってくださいます。

間違った姿勢で行うことは逆効果の恐れもありますので、埜口トレーナーの指導の元、これまた神経から改善していけるよう頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにして、無事第一回目の練習会が終了しました。

これからみなさまの状態や練習の出来栄えを見ながら、ピンポイントのグループ形成ができればと思っています。お互いに励まし合い、引っ張り引っ張られながら、普段の走りや練習とは違った”何か”をこのトラッククラブで感じてもらえたら嬉しいです。

本日は素晴らしい走りをありがとうございました。

 

次回の練習会は5月13日(土)、5000mのタイムトライアルとなります。

戻る